お酢AtoZ > お酢うんちく > お酢の歴史(酢の起源)


お酢の歴史(酢の起源)

酢は人間が手を加えて作った最古の調味料と言われています。

最も古い酢の記録は紀元前5000年のバビロニアの記録といわれ、当時バビロニアではデーツ(ナツメヤシ)や干しぶどうの酒やビールから酢をつくったといわれています。ナツメヤシはヤシ科の木で、その果実であるデーツのシロップからは良質の酢がつくられたということです。

古代の人々も酢が体に良いことに早くから気付いていたようです。
ギリシャでは、医学者ヒポクラテス(紀元前400年ごろ)が、酢を病み上がりの病人にとるようにすすめたり、病気の治療用として使ったという記録が残されています。
中国でも周の時代には、漢方薬としてその効能が認められていたそうです。

日本で酢が造られるようになったのは、4~5世紀ごろで、大化改新(645年)のころには、酢を造る官職も儲けられていたようです。
平安時代には、酢の種類も増え、米酢や酒酢のほか、梅酢、菖蒲酢、果実酢なども使われ、室町時代には、酢味噌、山葵酢、胡桃酢、辛子酢、ぬた酢など、食材と混ぜ合わせた巣の和え物が登場し、料理の味付けに使われるようになりました。
こうして、お酢は日本の代表的な味として定着していったのです。