お酢AtoZ > お酢うんちく > お酢の疲労回復効果


お酢の疲労回復効果

酢の中に含まれるクエン酸が、疲労の原因となる乳酸を分解してくれます。また、血行の循環不良をおさえたり、疲労のもととなる乳酸をおさえる効果もあります。

さらに疲労回復効果を高めるに、糖分と食酢を同時に摂取することよいようです。
疲れを感じるのは、エネルギーの源になるグリコーゲン(糖分が体内で変化したのもので、筋肉や肝臓に蓄えられている)が不足した状態になるのも原因のひとつです。

疲労回復の手段として、糖とともに食酢(主成分の「酢酸」)を摂ると運動により消耗されたグリコーゲンの再補充(回復)が促進されて疲労回復がさらに早くなるとのこと(ミツカングループ本社と名古屋大学の共同研究より)。