お酢AtoZ > お酢Q&A > クエン酸の健康パワーとは?


クエン酸の健康パワーとは?

食材は体内で消化・分解され、その栄養分がクエン酸によって6種類の酸に変化してエネルギーを出し、最後は炭酸ガスと水になります。
この代謝サイクルを「クエン酸サイクル」といいます。

このクエン酸サイクルがうまく回らないと、ピルギン酸やアセチルCoAが体内に溜まり、疲労物質の元となる乳酸や脂肪に変化します。

乳酸が蓄積されると、肩こりや筋肉痛を引き起こしたり、疲れやすい身体になってしまいます。
また、脂肪が身体についてしまうと、血糖値が上がったり、血流が悪くなったりと健康な身体を保てなくなります。

クエン酸の具体的な効果として、

  • 乳酸を抑えて、疲労回復(疲労の原因「乳酸」をクエン酸サイクルでエネルギーに転換し、疲れの元を活力に変える働きがあります)
  • コレステロールを燃焼して肥満予防(クエン酸サイクルを活発にすることで食物の消化吸収を促進し、コレステロールになりやすい脂肪を燃焼します)
  • 肩こり・腰痛を解消(クエン酸サイクルによって得たエネルギーで血流がスムースになり、乳酸を肩や腰に溜まらないようにさせます)
  • 体脂肪を燃やす(体脂肪を燃焼させるために必要な「脂肪分解酵素リパーゼ」の働きを活性化させます)

などが言われています。

もろみ酢は、最もクエン酸含有量が豊富に含まれている飲料酢です。

 >> 黒酢カタログへ  >> 香酢カタログへ  >> もろみ酢カタログへ