お酢AtoZ > お酢Q&A > お酢でメタボ予防?

お酢でメタボ予防?

株式会社ミツカングループの中央研究所(以下、ミツカン中央研究所)では、お酢を継続的に摂取することで、内臓脂肪が低下することを臨床試験で初めて実証したと発表しました。
内臓脂肪だけではなく、血中の中性脂肪や体重、体格指数(BMI)、腹囲を下げる効果もあったとのこと。
(詳しくは、ミツカンHPのニュースリリースにて)

対象者はBMIが25―30で「肥満度1(肥満気味)」に当たる成人175人。
年齢が25-60歳の男女175名(男性111名、女性64名; 平均年齢44.1歳; 平均体重74.4kg; 平均BMI 27.2kg/m2; 平均血中中性脂肪155.5mg/dl)。

リンゴ酢の入った飲料を1日2回、12週間飲み続けた結果、データが得られた155人のうち1日30mL(30mL=大さじ2)の酢を飲んでいた人たちは内臓脂肪の面積が平均して約6.72cm2減ったとのこと。
また血中の中性脂肪は100mL当たり42.0mg減り、体重は1.94kg、BMIは0.72、腹囲は1.85cm減少。

12週間、約3ヶ月でこれだけの効果があるというのは希望が持てますね。

臨床試験ではリンゴ酢を使ったそうですが、有効成分は酢の主成分である「酢酸」で、穀物酢や米酢など種類による違いは特に出ないとミツカン中央研究所は考えているそうです。
酢の入った飲料を飲む以外に、酢を料理に使った場合でも効果は変わらないとみられています。


★こちらもページもおすすめです。
  ⇒ バナナ酢ダイエットの効果は?
  ⇒ バナナ酢の作り方
  ⇒ リンゴ酢